一流の男達が選ぶ革製品ブランド「ココマイスター」、高評価の秘密は『7つの長所』にあり。

ココマイスター トップ画像(カヴァレオ シンバ)一流の男性達を中心に支持を集める日本製ハイエンド革製品ブランドの「ココマイスター」
2011年の設立後、わずか数年で日本の革小物業界のトップクラスへと大躍進し、最近では海外ラグジュアリーブランドの長財布と比較される機会も増えています。

この記事ではそんな破竹の勢いでブランド力を高めている「ココマイスター」について、気になる評判から高評価の秘密まで深堀りしていきます。

【各種リサーチデータ】 ~年齢層・知名度・価格帯など~

購入者のおもな年齢層は?

【20代後半~60代前半】
の幅広い年齢層の男性達から購入されています。
なかでも支持が厚い年齢層は【30代前半~50代後半】となっており、今を頑張る大人の男性達から人気のブランドです。

知名度は?

海外高級ブランドほどの知名度はまだないものの、いまや日本製の本格革製品ブランドの中ではトップクラスの知名度を誇ります。ココマイスター 掲載雑誌例また「LEON」や「MEN’S EX」などの男性誌によく掲載されているので、これらの雑誌を読まれる方々に広く認知されていることが予想されます。

財布の価格帯は?

【22,000円~560,000円】
と幅広い価格帯となっています。
ちなみに財布の平均価格が6万円を超えるハイエンドシリーズや、数十万円の高額なバッグ類は、ワンランク上のビジネスマンや「医師・弁護士・経営者」などの富裕層の方々からよく購入されています。

購入者さんからの評判は?

ココマイスターの公式サイトには、製品ごとに購入者さん達のレビューが多数掲載されています。
そのレビューを見てみると、どの製品も最高評価の【★★★★★】や、高評価の【★★★★】がズラーッと並んでいます。たとえばもっともレビュー数の多い「ブライドル・グランドウォレット」では、どんな評価がされているのかというと…?
当然のように高評価ばかりが並んでおり、総合評価では「5段階中4.81」とかなり高い水準となっています。
あまりにも良いレビューしかないので、

低評価の【★★】や【】は削除しているか、掲載していないだけのでは…?

といった疑念を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが下の画像のように、探せばちゃんと低評価も掲載されていることから、レビューに不正がないのが分かります。ちなみに公式サイト以外の場所、たとえばtwitterやinstagramなどのSNS上でも、ココマイスターについて悪い評判はほとんど見られません。
むしろ良い評判が目立っています。

どうしてココマイスターの革製品は良い評判ばかりなのか?その最大の理由とは?

なぜココマイスターの革製品はこんなにも良い評判が多いのでしょうか?

「希少な最高級皮革が使われているから?」
「腕の良い熟練職人が仕立てているから?」
「コストパフォーマンスに優れているから?」

もちろんこれらの品質に関するポイントが、良い評判に繋がっているのは間違いありません。
しかし最大の理由はほかにあります。

ココマイスターが異常とも思えるほど良い評判ばかり得ている最大の理由。
それは誰もが実物を見て、気に入った上で購入しているからです。公式サイトの製品レビュー 抜粋ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ココマイスターには「ココクラブ」という無料会員サービスがあります。
この「ココクラブ」に加入していると、公式サイトで購入した製品がイメージと違った場合に、無料で返品・交換してもらえるようになります。

ですのであなたの手元に届いた革製品が、

  • もっと硬い革をイメージしてたのに、触ってみたら柔らかくて残念だった。
  • 公式サイトの写真よりもかなり明るいカラーで、好みの色味じゃなかった。
  • 想像してたよりも高級感がなかったので、できれば返品したい。

といった感じで気に入らなかった場合は、返品・交換できます。
もちろん送料はココマイスター側の負担で。

この「ココクラブ」の返品・交換の保証制度があると、事実上ココマイスターの革製品を購入するのは、実物を見て気に入った方のみとなります。

なぜなら実物を確認した時に「品質やデザイン、革の質感」など、どこかに不満な点があった場合は、誰もが返品か交換をするからです。
もし実物を確認したのが路面店なら、何も購入せずにお店から出ることになります。実物を見て納得の製品か?を確認できる。当然ですが「自分が気に入って購入した製品」に対して、悪く言う人はほとんどいません。

過去にあなたが気に入って購入された車、あるいは腕時計を思い出してみてください。
たとえ少し残念な部分があったとしても、ご家族やご友人に悪く思われるような内容は、あまり話さなかったかと思います。
「多少イマイチなところもあったけど、総合的には満足している」といったような感想を話されたのではないでしょうか?

ココマイスターのオーナーさん達も同じように、実物を見て気に入って購入し、総合的に満足されています。
そのためレビューページやSNS上などでは、圧倒的に悪い評判よりも良い評判の方が多くなっているのです。

■良い評判が異常に多い理由まとめ
  • 「ココクラブ」に入会しておけば、無料で返品・交換ができる。
  • もし実物を見て気に入らなかった時は、返品or交換する。
    (※購入するのは気に入った方のみ)
  • 気に入っているので、悪く言わない。
  • その結果、良い評判がたくさん集まる!

公式サイトで実際の評判を見てみる⇒

もちろん「実物を見て、気に入った上で購入できる」だけでは、ここまでたくさんの良い評判を得ることはできません。
ココマイスターの製品自体に魅力がなければ、実物を見て返品されるだけです。

ではココマイスターのどんなところが、多くの男性達を惹きつけているのでしょうか?
次はその魅力について探っていきましょう。

『7つの長所』から解き明かす高評価の秘密。なぜ一流の男達はココマイスターを選ぶのか?

「日本文化を重んじ、今を情熱的に生きる男性達に向けた革製品」を大ヒットさせ、瞬く間に業界トップクラスまで上り詰めた「ココマイスター」ココマイスター ロゴ+鞄写真なぜこちらのブランドは一流のビジネスマンや、「医師・弁護士・経営者」といった社会的地位の高い男性達から支持され、高く評価されているのでしょうか?
その秘密をココマイスターが有する『7つの長所』から解き明かします。

1.他にはない独自の世界観が楽しめる。

ココマイスター クロコダイルシリーズココマイスター最大の長所。
それはアーティスト兼デザイナーである林佑磨氏によって表現される“独自の世界観”が楽しめる点です。

一般的な革製品ブランドでは、

  • どんな革を使うか?
  • どんな技法で仕立てるか?
  • どんな機能性を持たせるか?

など、製品の”本体そのもの”に関するポイントだけが重要視されています。
これに対しココマイスターは、それらの要素を大切にした上で「独自の世界観を革製品で表現する」といった一歩先に進んだモノづくりをしています。

たとえば驚くほどの経年変化を見せてくれる「ナポレオンカーフ」シリーズ。ココマイスター ナポレオンカーフシリーズこちらのシリーズでは、1800年代の荒野を駆ける2頭の馬から見た絶望と希望のストーリーが表現されています。

そしてロングセラーの「マルティーニ」シリーズでは、イタリアの蒸留所をテーマに、ウィスキーが熟成していく過程が表現されています。ココマイスター マルティーニシリーズココマイスター ザオークバークシリーズさらに2019年にリリースされた「ザ・オークパーク」シリーズでは、林佑磨氏が英国炭鉱からインスピレーションを受け、重機や金網をイメージした革製品を誕生させています。

もちろん写真を数枚見ただけでは、

う~ん…。
その表現されている「独自の世界観」って、よく分からないなぁ…。

と思われるかもしれません。
そんな時は公式サイトや路面店をのぞいてみてください。
きっと他にはない世界観が感じられるはずです。「シリーズ毎に異なるストーリーやテーマを設定し、革製品でそれを表現する。
そして時には革製品とは無関係に見える対象物からインスピレーションを受け、新たなシリーズを誕生させる」

そんな独自の手法で新しい革製品を生みだし続けるココマイスターのアーティスト兼デザイナーの林佑磨氏。
しかしなぜ同氏が表現する世界観は、富裕層をはじめ、いまを懸命に生きるビジネスマンから好評を得ているのでしょうか?

それはおそらく、林佑磨氏が表現する世界観には大人の男達をワクワクさせる力があるからだと考えられます。ココマイスター ベテルギウス バイエルウォレット 実物写真忙しさの中で忘れかけていた遊び心や冒険心。
消えかけていた仕事への情熱、そして日々を楽しむ余裕。
ココマイスターの世界観が反映された製品や演出に触れると、そういった生きていく中で大切な気持ちを取り戻せるような感覚を覚えます。

「これはただの革製品ではない」
そう思わせるほどの強烈なメッセージ性で男達の感性を揺さぶることで、ココマイスターは新たなファンを獲得し続けています。

2.仕事はその道のプロに依頼する欧州式生産システムで、品質を追求している。

ココマイスターは「マイスターマッチング」という名の生産システムを採用しています。
これはそれぞれの職人が持つ”得意分野”を活かすためのシステムで、各分野ごとに仕事を依頼する職人を選定する仕組みです。

具体的には「財布づくり」が得意な職人には財布を、「鞄づくり」が得意な職人には鞄を担当してもらうといった感じです。マイスターマッチング解説図「餅は餅屋」ということわざがあるように、「革製品」も「金属加工」もその道のプロにまかせた方が良いモノができるのは明白です。
ですのでココマイスターはそれぞれの職人が得意としている分野を把握し、「どの職人に何を依頼するか?」を指定しています。
ちなみに職人を指定する際には、財布の形や革の特性なども考慮しているそうです。

そんな徹底した職人を指定する仕組みにより、ココマイスターは本物志向の男性達が満足するハイクォリティな革製品を生みだしています。カヴァレオ シンバ 拡大写真しかしここで1点疑問があります。
どうしてココマイスターは自社工房を設立して製品づくりをしないのでしょうか?
得意分野に合わせて職人を指定するほど品質にこだわりがあるなら、自社工房を設立した方がいいはずです。

「コストカットのためでは?」
と予想されるかもしれませんが、おそらくそれはありません。
というのもココマイスターは腕の良い熟練職人を確保するために、通常よりも余分に生産コストをかけているからです。

日本の熟練職人は同業者同士の奪いが激しいため、腕の良い職人からどんどん仕事が埋まっていってしまいます。
そのためココマイスターは他社に先を越されないように、未来の仕事を確約したり、発注量を一定にしたり、工賃交渉をほぼ辞めたりし、総勢100名超の熟練職人を確保し続けているそうです。
それを踏まえると、自社工房で製品づくりをしていない理由が「コストカットのため」とは少し考えづらいです。マイスターマッチング採用の理由とは?ではなぜコストのかかるマイスターマッチングを採用しているのでしょうか?

「熟練職人同士の得意分野が合わさることでシナジー効果(相乗効果)が生まれ、よりハイクォリティな製品を目指せるから」
といった品質的な側面はもちろん、それ以外にも人間関係の問題を未然に防ぐためでもあると考えられます。

ココマイスターによると、こだわりが強くて腕の良い熟練職人ほど、他人と関わるのが苦手で偏屈な方が多いそうです。
中にはこだわりが強すぎて勤めていた会社を追い出された方も相当数いらっしゃるのだとか。
もしもそういった気難しい職人さん達を100人超も集め、同じココマイスターの自社工房内で作業してもらうとどうなるのか…?
工房内が怒号や罵声が飛び交うヒドイ状態になり、すぐに閉鎖に追い込まれることは容易に想像できます。

クセの強い職人さん達の争いを未然に防ぎつつ、それぞれの得意分野を結集してハイレベルな革製品を実現する。
そのためにココマイスターは自社工房を持たず、余計な生産コストのかかるマイスターマッチングを採用しているのだと考えられます。

3.美しく品のある革財布でスーツスタイルを格上げできる。

ココマイスターの原点である素材の良さ。
それを伝統職人が余すことなく活用し、丁寧に仕立てた革財布達。コードバンとブライドルレザーこれらはすべて美しく品があり、所有者のスーツスタイルを格上げしてくれます。
写真の「コードバン」と「ブライドルレザー」の革財布は、その代表例です。

ココマイスターはいまご覧いただいた代表例と同じように、基本的に紳士物革財布の王道である「シンプルなデザイン」を採用しています。
しかし一般的な革製品ブランドと同じようなデザインを採用しながらも、他では感じられない”上品さ”が感じられるようになっています。同じシンプルでも、上品さが感じられるこれは同じレシピの料理でも、使う食材と作る料理人が異なれば味が違ってくるのと同じ現象です。
同じデザインの革財布でも、使う素材と作る職人が異なれば、当然その完成品の雰囲気も違ってきます。

ココマイスターは食材である「皮革」と、料理人である「職人」を厳選することで、同じようなシンプルなデザインであっても上品な雰囲気が感じられるように仕立てています。
そしてその違いにより、審美眼を持つ富裕層の男性達から選ばれています。

ちなみにココマイスターは、シリーズによっては「シンプルなデザイン」以外も採用することもあります。インパクト ユニーク アクセントたとえば「インパクト」のあるレザー採用したり、「ユニーク」なフォルムを採用したり、「アクセント」のためにステッチカラーを変更したりしています。
しかしどれだけデザイン性を高めようとも、ココマイスターらしい”上品さ”は損なわれないように仕立てられています。
そのためどのシリーズを選んでも、かならずスーツスタイルを格上げしてくれる安心感があります。

4.海外の老舗タンナーも評価する高い芸術性を実現している。

2011年の創業以来天然皮革を使い、どれだけ芸術性を高められるかという難題に挑戦し続けているココマイスター。
その挑戦の証としてこれまで様々なシリーズを開発し、数々の大ヒット作を生みだしてきました。安定した人気を誇る3種のブライドルシリーズそして2018年、ついにその芸術性が海外からも評価される出来事が起こりました。

それはココマイスターの創業当初より親交のあるイギリスの老舗タンナー(※皮革製造会社)が、名誉ある「英国女王賞」を受賞した時のことです。
その授賞式にて、こちらのタンナーが「イギリス王室第2代ケント公爵エドワード王子」へのプレゼントに、なんとココマイスターの革財布を選んだのです。
選んだ革財布は、下の「オークバーグ・ブリストル」です。オークバーグ・ブリストル英国の名誉ある賞を受賞したこの老舗タンナー。
老舗というぐらいなので、自社のレザーを使用する革製品ブランドは他にもたくさんあったハズです。
なのになぜ日本のココマイスターを選んだのでしょうか?

英国の老舗タンナーによると、その理由は「自社の皮革を使って作られた最も芸術的な革製品」だったからだそうです。「芸術性」を英国の老舗タンナーが高く評価。「天然皮革のプロ中のプロであるイギリスの老舗タンナーが、ココマイスターがつくる革財布の芸術性を高く評価した」
この出来事は、ココマイスターが名実ともに日本を代表する革製品ブランドへと躍進することを、より確実なものにすると予想されます。

5.「贅沢な店舗空間+丁寧な接客」で心地よい時間が過ごせる。

路面店では、贅沢な時間が楽しめる。入った瞬間に広がるラグジュアリーな空間。
そしてしっかりと教育を受けた正社員による丁寧なおもてなし。
ココマイスターの路面店へ訪問すれば、そんな贅沢で心地の良い時間が過ごせます。

実際に店舗へ訪問し、製品を購入した方々の口コミを見てみると、

  • 店員さんの接客が非常に丁寧で、心地よく買い物できました。
  • 店舗の雰囲気も良く、担当していただいたスタッフの対応も素晴らしかった!
  • お店の方の知識が豊富で、分かりやすく教えていただき感謝しております。

といったような店舗や接客に対する好評の声がいくつもみられます。

実は私も路面店のひとつ、「神戸旧居留地店」へ訪問したことがあります。ココマイスター 神戸旧居留地店 訪問時の写真少し敷居の高く感じる外観には入りづらさもありましたが、ドアの前に待機している店員さんがドアを開けてくれたおかげで、気軽に中へ入ることができました。
店舗内に入ると、開放感のある高い天井と高級感のあるインテリア、そして革製品の数々が迎えてくれます。
どの製品も手にとって質感が確かめられ、気になったことはスタッフさんに聞けば、とても丁寧に教えていただけます。

この時は何も買わずに店を出たのですが、それでもスタッフさんは嫌な顔ひとつせず、そっとパンフレットを渡してくださりました。
そして店を出た後は、下のイラストのように私の姿が見えなくなるまで頭を下げ続けてくださりました。ココマイスター お辞儀高級旅館や新幹線のグリーン車。
そういった丁寧な接客や心地の良い空間へお金を使う、ワンランク上のビジネスマン。
彼らがなぜココマイスターを選ぶのか?
路面店で「贅沢な店舗空間+丁寧な接客」を体験すれば、その理由が理解できます。

6.「和洋折衷」の文化から誕生した優秀な革製品が入手できる。

「和洋折衷」
この四字熟語はココマイスターが影響を受けている言葉です。
日本風と西洋風の様式を、程よく取り混ぜること(※goo辞書より)を意味します。和洋折衷ココマイスターはこの「和洋折衷」の考えの下、日本からは技術を、欧州(西洋)からは皮革を採用し、日本文化と欧州文化をうまく調和させたモダンな革製品を生みだしています。
ここで一度、製品の実物を確認してみましょう。
お見せする写真は、当サイト管理人が撮影したオリジナルのモノです。

ロンドンブライドル グラディアトゥール写真ロンドンブライドル

カヴァレオ シンバ ロゴ拡大写真カヴァレオ

ポンテマットーネ 実物写真ポンテマットーネ

どんな印象でしたか?
日本の古き良き伝統を取り入れながらも現代的な雰囲気が感じられる。
そんな芸術性もココマイスターの魅力です。

ところでどうして「和洋折衷」の文化に影響を受けたココマイスターは「日本からは技術を、欧州からは皮革を」採用し、取り混ぜることにしたのでしょうか?
反対の「日本からは皮革を、欧州からは技術を」ではダメだったのでしょうか?

その理由について、ココマイスターの公式サイトでは以下のように書かれています。「日本人として、日本文化への敬意から日本製を。欧米文化への憧れより、輸入革素材を採用し、製品には夢や希望、そして今を頑張る男性達へ向けたメッセージなどが深く込められています。」…難解です。
ですので残念ながらハッキリとした理由は分かりません。
しかし革製品における日本の長所、そして欧州の長所に着目すれば、その答えが見えてきます。
というのも革小物業界では一般的に、

【技術】⇒

日本の職人の方が優れている。

【皮革】⇒

欧州など、外国産の方が優れている。

とされているからです。

つまりココマイスターが日本からは技術を、欧州からは皮革を選んだ理由は、それぞれの長所を取り混ぜ、より優れた革製品を誕生させるためだと考えられます。日本の職人技術×欧州産極上皮革その証拠にココマイスターは日本の長所である「職人技術」と、欧州の長所である「極上皮革」を合わせ、海外からも評価されるほど芸術的な革製品を完成させています。

7.圧倒的なシリーズ展開数で好みの逸品が見つかる。

全19シリーズ。
これはココマイスターが展開している革財布のシリーズ総数です。ココマイスター 革財布の全シリーズまとめ画像これだけ圧倒的な数が展開されていれば、たとえ革へのこだわりが強い男性であっても、好みに合う財布が必ず見つかるはずです。
ですので、

いろいろ調べて、やっと良さそうなブランドにたどり着いたのに、好みに合う財布が無くてガッカリした…。

といった残念な思いをすることがありません。

「新しい財布はココマイスターから」
そう決めてしまえば、これ以上時間と手間をかけて他のブランドについて調べなくて済みます。本当にココマイスターを選んで良いのか?もちろん「本当にこのブランドに決めてしまって大丈夫だろうか…?」といった不安は、最後まで残るかと思います。

ですがご安心ください。
先ほどお伝えしましたように、もしも実物を見て気に入らなかった場合は「ココクラブ」の保証制度があります。
これを利用すれば全額返金してもらえるので、ノーリスクで気になる財布の実物が確認できます。

ココマイスターの革製品に興味を持たれた方は、下の緑ボタンより新しい財布を探してみてください。

補足:もう一つの保証制度について

実は「ココクラブ」ではもう一つ、購入者さんにとって安心な保証制度が用意されています。
それが「革製品の永年修理保証制度」です。

こちらの保証制度は、実物を見て気に入って購入した方のための保証で、

  • よく見たら糸がほつれてきてる…。
  • 使っていたらコバが割れてきた…。
  • ファスナーの引き手が千切れた…。

といった不具合や破損などがあった場合に、基本的に無料で修理してくれるサービスです。

さすがにすべての修理が無料というワケではありませんが、「ファスナーの引き手部分の破損」や「縫い糸のほつれ」などの簡単なモノであれば無料だそうです。
ただし個別に対応が異なるそうなので、もしも壊れてしまった時には無料相談(0120-827-117)へ連絡してみてください。ココクラブの保証制度 修理について

「ココクラブ」の保証制度まとめ

  1. イメージ違いの返品・交換が無料
  2. 革製品の永年修理保証制度

これまでお伝えしてきました「ココクラブ」の2つの保証制度は、ココマイスターが自社製品に対して絶対的な自信を持っている証明でもあります。自社製品への絶対的な自信なぜかというと、もしも大多数の方が気に入らないような革製品を販売したり、ひどい品質のモノばかり販売したりしていたら、「返品・交換・修理」の嵐で会社がスグに倒産してしまうレベルの保証となっているからです。
それを踏まえると、ココマイスターが設立から9年経った今も無事に存続している事実は、デザインや品質に大きな問題がない一番の証拠となります。

ちなみにココマイスターの製品は、「ココクラブ」に入会しなくても購入できます。
ですが入会しなかった場合は、本来受けられたはずの保証が受けられなくなるだけなので、迷わず入会しておくことをおすすめいたします。

【無料】ココクラブへ入会しておく⇒
(※購入直前でも入会可能)

ココマイスターの関連記事まとめ

「もっとココマイスターを知りたい!」
といった方の参考になる、このブランドの関連記事一覧をご用意いたしました。
気になるシリーズの特徴解説記事、実物写真を掲載した記事など、あなたの興味に合わせてご覧ください。

シリーズ特徴の解説記事一覧

ポンテマットーネ シリーズ解説 サムネイル

カヴァレオ シリーズ解説 サムネイル

ベテルギウスシリーズ解説記事 サムネイル

衝撃の新作【ベテルギウス】シリーズ。リアルな質感と独自の3段階評価をお伝えします。
~これまでのココマイスターとは一線を画す革財布の仕上がりは?~

ブライドルシリーズ解説 サムネイル

ロンドンブライドルシリーズ解説サムネイル

実物を撮影した超詳細レビュー記事一覧

ポンテマットーネ・グラディウスの詳細レビュー記事 サムネイル

カヴァレオ シンバ 実物レビュー記事のサムネイル

ココマイスター ブライドルダレスバッグのレビュー記事 サムネイル

シリーズ比較記事や特集記事一覧

カヴァレオ・ポンテマットーネ・ベテルギウス 比較記事のサムネイル

どこで買える?偽物確率0%の安全な通販サイトと、6つの直営店舗まとめ

ここではココマイスターの革製品が購入できる「6つの直営店」と、「2つの通販サイト」をまとめてお伝えします。
偽物や詐欺の被害に合わないためにも、気になる革製品は以下の場所でご検討ください。

【補足:入手可能場所について】

ココマイスターの革製品は直営店でのみ入手できます。
有名百貨店やショッピングモール、セレクトショップなどでは取り扱われていません。
またセールやアウトレットもありません。
もし見かける機会がございましたら、それらは詐欺サイトなのでお気を付けください。

本物が購入できる2つの直営サイト

COCOMEISTER公式サイト

COCOMEISTER公式サイト

ココマイスターの全シリーズが取り扱われている公式通販サイト。
「永年修理保証サービス」や「イメージ違いの返品・交換が無料」になる会員サービス、「ココクラブ」に入会可能なオンライン通販サイトはココだけ!
ネットでココマイスターの革製品を入手するなら、こちらの公式サイトで間違いありません。
しかも今ならキャッシュレス決済で5%のポイントが返ってきます。

\安心の「ココクラブ」は公式サイトだけ!/

楽天市場店

ココマイスター 楽天市場店

楽天ポイントがおいしいココマイスターが直営するオンラインショップ。
公式サイトよりもラインナップ数が少なく、売り切れも目立ちます。
ちなみに楽天市場店が“在庫ナシ”でも、公式サイトでは“在庫アリ”の場合もあります。

楽天市場店を利用する前に知っておきたい注意点は、「ココクラブ」に入会できないところ。
入会できないので「永年修理保証サービス」が受けられないだけでなく、「イメージ違いの返品・交換が無料」にもなりません。
残念ながら自己負担となります。

(※「ココクラブ」入会不可)


以上の2店舗がココマイスターが直営するオンラインショップとなります。
Amazonやyahoo!ショッピングなどでは取り扱われていません。
ただし公式サイトではAmazon Payでの支払いはできます。

実物が確認できる6つの直営店一覧

銀座店

ココマイスター 銀座店
住所 〒104-0061
東京都中央区 銀座3-5-17
電話番号 03-5579-9974
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし(※春夏年末年始・臨時休業あり)
駐車場 なし
取い扱い製品 紳士用の財布小物

銀座並木通り店

ココマイスター 銀座並木通り店
住所 〒104-0061
東京都中央区 銀座8-5-6 1F
電話番号 03-6280-6591
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし(※春夏年末年始・臨時休業あり)
駐車場 西銀座駐車場と提携(詳細はページ下段
取い扱い製品 鞄・バッグのみ(※財布・小物ナシ)

自由が丘店

ココマイスター 自由が丘店
住所 〒152-0035
東京都目黒区 自由が丘2-8-3 ラ・ヴィータNo.2
電話番号 03-5726-1219
営業時間 11:00~20:00
定休日 営業日カレンダー(中段)をご確認下さい。
駐車場 なし
取い扱い製品 財布のみ(※鞄・バッグナシ)

名古屋栄店

ココマイスター 名古屋栄店
住所 〒460-0003
愛知県名古屋市中区 錦3丁目6-29 1F
電話番号 052-265-6073
営業時間 11:00~20:00
駐車場 アリ(詳細はページ下段
定休日 なし(※春夏年末年始・臨時休業あり)
取い扱い製品 紳士用の鞄・財布小物

大阪心斎橋店

ココマイスター 大阪心斎橋店
住所 〒542-0081
大阪府大阪市中央区 南船場4-10-28
電話番号 06-6210-3840
営業時間 11:00~20:00
定休日 営業日カレンダー(中段)をご確認下さい。
駐車場 なし
取い扱い製品 財布のみ(※鞄・バッグナシ)

神戸旧居留地店

ココマイスター 神戸旧居留地店
住所 〒650-0034
兵庫県神戸市中央区 京町25番地 神戸旧居留地25番館 1F
電話番号 078-333-5181
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし(※春夏年末年始・臨時休業あり)
駐車場 神戸旧居留地25番館の駐車場(詳細はページ下段
取い扱い製品 全製品

以上の6店舗がココマイスターが直営する路面店となります。
残念ながら「札幌・仙台・横浜・浜松・広島・京都・福岡」などの地域には出店されていません。
また今のところ出店予定も発表されていません。
そのため入手方法は「お近くの路面店or2つの通販サイト」のみとなります。

当記事の参考サイト様一覧

ココマイスター公式サイト

その他の記事


コメントを残す