【動画レビュー付】「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」の実物をたっぷりお見せします。

ゴールドマイニング・マグネティックドラム TOP写真
-ゴールドマイニング・マグネティックドラム-

2019年末の発売以降、何度も売り切れとなっている大人気革財布「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」を、動画と写真でレビューしていきます。
目次下の動画ではお札やカードを収納した時の様子も見られるので、ぜひ実際に入手した時のイメージづくりにお役立てください。
なお今回入手したカラーは、赤土をイメージして名付けられたという「レッドアース」です。

【動画】「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」をじっくりレビュー。

公式サイトで違うカラーの写真も見てみる⇒blank

「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」の外から見える部位について

外から見た印象

ゴールドマイニング・マグネティックドラム 手に持った時の写真「ワイルドで重量感あふれる革財布」
それがこの大容量のL字型長財布を手にした時の第一印象でした。

「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」は、一般的な紳士物用の革財布にはない独特の色味が特徴的。
表面には色ムラがあり、新品時からヴィンテージ品のようなキズが入っています。
そのため、

  • コードバンのような美しくて綺麗な革は、キズが気になるから持ちたくない。
  • 「THE紳士物の革財布」といった個性のない財布は好みじゃない。
  • いまブライドルレザー系の革財布を使っているけど、そろそろ飽きたので少し変わった素材のものに変えたい。

といった方におすすめの革財布となっています。

それではこちらの革財布があなたの好みに合うかどうかを確かめるために、写真でもじっくり確認してみてください。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 真上からの写真 表ゴールドマイニング・マグネティックドラム 真上からの写真 裏真上からみると、表と裏で微妙に革の表情が異なっているのが分かります。
このように均一に染色されたレザーにはないムラ感が、「ゴールドマイニングシリーズ」の面白いポイントでもあります。

ちなみに公式サイトによると、こちらのシリーズでは「ミリタリークラシック」というミリタリー系とクラシック系を併せ持った独自のスタイルを表現しているそうです。

サイズと厚さについて

ゴールドマイニング・マグネティックドラム サイズ計測 写真「縦9.8cm×横19.4cm」
この大きさはココマイスターのラウンドファスナー型長財布と、ほとんど同じです。
実際に比べてみると、ポンテマットーネ・グラディウス サイズ計測(比較用)写真このように「ポンテマットーネ・グラディウス」のサイズとほぼ変わりません。

しかし厚さは2.5cmと平均的なラウンドファスナー長財布(※厚さ2.0cm)よりも、少し肉厚なつくりとなっています。
ゴールドマイニング・マグネティックドラム 厚さ 写真数字で見るとわずかな差に思えるかもしれませんが、実際に手にしてみると明らかに革の重量感が違います。
たった0.5mmの違いが、手にした時の印象の差を生みだしています。

コバ処理とファスナー

ゴールドマイニング・マグネティックドラム コバ写真ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、上の画像の指先の部分を「コバ」と呼びます。
ご覧のように「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」のこちらの部分は、ブラックに塗られています。
これにより財布全体の輪郭がハッキリし、キリっと引き締まった雰囲気が感じられるようになっています。

そしてファスナーにはゴールドカラーが使用され、財布全体にラグジュアリーな雰囲気がプラスされています。ゴールドマイニング・マグネティックドラム ファスナー写真ちなみにこの革財布に使用されているファスナーは、ココマイスターでよく使用されているものよりもひと回り太いため、パっと見た時に存在感があります。ゴールドマイニング・マグネティックドラム ファスナー拡大写真

外装のレザーの特徴

ゴールドマイニング・マグネティックドラム 外装レザー拡大写真外装に使用されているレザーは、「マイニングレザー」と名付けられた皮革です。
ご覧のように和紙のような色の濃淡と、無数のキズが付いたようなワイルドな表情に特徴があります。
指で触れると少しだけザラっとした質感となっており、鼻を近づけると天然皮革特有の芳醇な革の香りがします。

実用面での「マイニングレザー」の長所は、メンテナンスをしなくても大丈夫なタフさがあるところ。
毎日使うだけで、本格革財布の醍醐味である経年変化が楽しめます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 外装レザー拡大 別の場所の写真具体的な経年変化のイメージは、「ウォーターウォッシュ」は紺色、「ウェットランド」は深緑、そして「レッドアース」は赤茶へ変化していく感じです。ゴールドマイングシリーズ オールカラー 画像

あなたはどう?人によって好みが分かれる2つのポイント

重量感がかなりある

ゴールドマイニング・マグネティックドラム 重さ 計測写真「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」は、他のシリーズに比べて重量感がかなりあります。
実際に測ってみた数値では251gでしたが、公式サイトでは260gと表記されています。
実はこの重さはココマイスターのシリーズの中でも最重量級。

動画内ではタイプの異なる「ポンテマットーネ・グラディウス」と比較しましたが、同じタイプのお札入れが3カ所ある大容量のL字型ファスナー長財布と比較しても、ゴールドマイニング・マグネティックドラム 3つお札入れがあるタイプの説明用写真下の表のように「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」がもっとも重くなっています。

GM・マグネティックドラム 約260g
ザオークバーク・トラファルガー 約210g
ポンテマットーネ・ウェントス 約215g
ベテルギウス・バイエルウォレット 約223g
プルキャラック・ギャリオット 約227g
マルティーニ・シガーウォレット 約250g

(※公式サイトより)

これだけ重さがあると、やはり持ち上げた瞬間にずっしりとした重量感が感じられます。

この重量感について「鞄やポケットに入れた時に重くて不便」と思うのか、「手に持った時に革財布の頼もしさが感じられて良い」と思うのか、人によって意見が分かれるところです。

引き手がレザー製

ポンテマットーネ 金属の引き手写真最近のココマイスターの新作は、ファスナーの引き手に金属製のモノが採用される傾向があります。
そしてこちらのブランドロゴが刻印された引き手は、

  • 高級感があって素敵。
  • 外から見てどこのブランドか分かって良い。
  • 購入の決め手になりました。

といったように好評となっています。

しかし「ゴールドマイニングシリーズ」では、あえてレザー製が採用されています。ゴールドマイニング・マグネティックドラム レザー製引き手写真もちろんレザー製なのが悪いわけではありません。
レザー製はレザー製で良さがあります。
具体的には財布全体で調和がとれ、統一感が出て格好良く見えます。
ただ好みが分かれるだけです。

あなたはレザー製と金属製、どちらの引き手が好みですか?
ぜひ一度、下の写真で見比べてみてください。ゴールドマイニング・マグネティックドラム レザー製引き手 ポンテマットーネ・グラディウス 金属製引き手 比較写真比較してみて「金属製の方が好みかも?」と思われた場合は、「ゴールドマイニングシリーズ」と似たテイストで金属製のプレートが使用されている「ベテルギウスシリーズ」をおすすめいたします。

内装に使われているレザーはどんな感じ?

ゴールドマイニング・マグネティックドラム 内装 真上から写真ガバっと大きく開く「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」
カードやお札など、取り出したいもモノがすぐに見つけられる視認性の高さが魅力の内装について、まずは使用されているレザーからじっくり見ていきましょう。

内装のレザーの特徴

ゴールドマイニング・マグネティックドラム 内装拡大レザー写真内装に使用されているレザーは、外装と同じ「マイニングレザー」です。
同じレザーなので内装でも和紙のような色の濃淡と、ワイルドな革の表情が楽しめます。
ちなみにどのカラーも、内装はすべて青系の「ウォーターウォッシュ」が使用されているので、さまざまな色の「マイニングレザー」を楽しみたい時は「ウェットランド」or「レッドアース」がおすすめです。

外装の解説でお伝えしましたように、「マイニングレザー」は新品時からヴィンテージ感があります。
そのおかげで使用していくうちに付いてしまうキズやヘコミがあまり目立たず気になりません。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 内装レザー へこみ写真〇部分のように拡大して見れば分かるヘコミも…ゴールドマイニング・マグネティックドラム 内装レザー へこみ 遠くから写真遠目で見てみると、上の写真のようにほとんど気になりません。
なので多少ラフに扱っても問題がないぐらい、「マイニングレザー」にはタフさがあります。

ライニング(※裏地)について

「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」は、上質な使い心地を実現するオールレザー仕立て。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 内装 ライニング(裏地)写真ライニング(※裏地)にグレーカラーの日本製「ヌメ革」が使用されることで、汚れが目立ちにくい工夫もされています。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 小銭入れ ライニング写真ちなみにこちらの「ヌメ革」はサラっとした質感で、上質な雰囲気があります。

内装の各部位の詳細とそれぞれの使用感をお伝えします。

ゴールドマイニング・マグネティックドラム 内装使用感 TOP画像ここでは「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」のリアルな使用感についてお伝えしていきます。

フリーポケットの大きさ&深さ

まず内装の外側に配置されているフリーポケットをくわしく見ていきましょう。
さっそくサイズを測ってみます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム フリーポケット 横幅写真ゴールドマイニング・マグネティックドラム フリーポケット 深さ写真「幅約18.5cm、深さ約8.8cm」
これがフリーポケットの大きさです。

大きいサイズの領収証や小切手のサイズが「横18.2cm、縦8.5cm」なので、これらがスッキリと収まるぐらいのサイズ感となっています。ゴールドマイニング・マグネティックドラム フリーポケット 大きい領収証を入れた写真大きいサイズの領収証を入れると上の写真のように上部が出ますが、ファスナーに当たることなく収納できます。

カードポケットの使用感とgoodポイント

ゴールドマイニング・マグネティックドラム カードポケット拡大写真カードポケットは計12ポケット。
こちら側に6ポケット、そして反対側に6ポケット付いています。
すべてのポケットにカードを入れると、下の写真のように頭が少し出た状態で収まります。ゴールドマイニング・マグネティックドラム カードを入れた写真使いはじめのカードポケットは少しキツめなので、中段と下段はちょっぴり取り出しにくいです。
ですがよく使うカードを上段に入れ、あまり使わないカードを中段と下段に入れておけば問題ありません。

というのもこの革財布は形状がL字なおかげでファスナーが邪魔にならず、上段のカードがかなり出し入れしやすいからです。
下の写真の〇部分をご覧ください。ゴールドマイニング・マグネティックドラム L字ファスナーの利点を伝える写真通常のラウンドファスナーは、この部分にファスナーが来るのでカードを取り出す時に引っかかることがよくあります。
しかしこの「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」はご覧のようにファスナーが上にこないため、出し入れする時に引っかかりません。
そのため動画で見ていただいたように、スムーズにカードが出し入れできます。
ココがカードポケットのgoodポイントです。

お札入れその①

ゴールドマイニング・マグネティックドラム お札入れ 真上から写真お札入れ部分は上の写真のように大きく開くため、中身が出し入れしやすくなっています。
もちろんスペースも大きいので、現金派の男性も納得の収納力があります。ゴールドマイニング・マグネティックドラム お札を入れた写真(真上)

お札入れその②(+シリーズロゴの詳細)

ゴールドマイニング・マグネティックドラム 中央のお札入れを指さした写真次は中央のお札入れを見ていきます。
こちらのお札入れには、シリーズロゴ「GOLD Mining」の文字が金色で箔押しされています。ゴールドマイニング・マグネティックドラム シリーズロゴ拡大写真この金色の文字はいずれ“とれて”いくのですが、その“とれる”過程がシリーズテーマの「金の採掘」を表現しているそうです。(※公式サイトの説明より)

このようにただ上質な革財布をつくるのではなく、独自の世界観も同時に表現しているところがココマイスターの魅力でもあります。ゴールドマイニング・マグネティックドラム シリーズロゴ拡大写真(別角度)

小銭入れ

財布を開くと、ゴールドカラーのパーツが目に飛び込んできます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 小銭入れのファスナー 指さし写真ご覧のようにゴールドカラーはブルー系の「ウォーターウォッシュ」とよく合い、内装をよりラグジュアリーに見せてくれます。
この高級感はいつも財布を開くのが楽しみになるぐらい、毎日の気分を上げてくれるはずです。

では持ち手部分を少し拡大して見てみます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 小銭入れの引き手 拡大写真写真では少し分かりにくいかもしれませんが、小銭入れのファスナーの持ち手はキラキラのゴールドカラーではなく、光沢感が抑えられたマットな色味です。
ですのでイヤらしい感じのない、上品な仕上がりとなっています。

もう少し拡大して別角度から見てみます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 小銭入れ引き手 拡大写真(別角度)するとココマイスターのブランドロゴが刻印されているのが分かります。
裏面には何も刻印されていません。
持ち手の大きさはちょうど持ちやすい感じで、ファスナーのすべりも良いためスムーズに開閉できます。

ファスナーを開くと、「マチ」があるおかげでガバっと開けることができます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 小銭入れ マチの解説写真実際に小銭を入れて、使用感を確かめてみます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 小銭入れ コインを入れた写真上の写真のように中身がよく見えるので、取り出したいお金がサっと取り出せるようになっています。
コインを入れた状態で、ファスナーを閉じてみます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 小銭入れにコインを入れて 収納した時の写真16枚程度のコインを入れてみたところ、膨らまずにスッキリ収まっています。
しかし財布自体が重めなので、できればコインは少なくしておきたいところです。

お札入れその③

ゴールドマイニング・マグネティックドラム お札入れ③の写真次は一番外側の札入れに、お札を入れていきます。
こちらも大きく開くので視認性◎です。ゴールドマイニング・マグネティックドラム お札入れにお札を入れた写真これですべての札入れに、お札が収納されました。
ご覧のようにすべてのお札が見やすく、取り出しやすくなっています。

カードポケットその②

最後に2つ目のカードポケットについて。ゴールドマイニング・マグネティックドラム カードポケット②の拡大写真こちら側にも、カードポケットが6つあります。
すべてにカードを入れます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム カードポケット②にカード入れた時の写真入れました。
こちらもスッキリと綺麗に収まります。
ちなみこのカードポケットの後ろにも、フリーポケットがあります。

使用感まとめ

すべてのポケットに中身を入れ、真上からみると下のようになります。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 各部位に中身を全部いれた時の写真「一万円札、五千円札、千円札」それぞれ分けて収納できるのは、お札入れが3つもある大容量のL字型長財布の特権ですね。

では中身を入れたままファスナーを閉めます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 中身を全部いれてファスナーを閉じた時の写真中身が入っていても、ファスナーはスムーズに閉まりました。

次はカードとお金を入れた結果、どれだけ財布に厚みが増したかを確認してみます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 中身を入れた時の厚さ計測写真するとカードをMAXの12枚入れたこともあり、約2.5cmから約3.0cmへサイズアップしていました。
横から見ると「なかなか分厚くなったな」といった感じがしますが、ファスナーの上から見ると「ちょっと厚みが増したかな?」程度に見えます。
ぜひ下の写真で比較してみてください。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 中身が入っている時 入っていない時 比較写真どうでしょうか?
数値よりも厚みの変化は感じなかったかと思います。

実は厚みよりも変化が大きかったのは重さです。
この「ゴールドマイニング・マグネティックドラム」を中身を入れた状態で測ってみると「約251g⇒約390g」と、かなり重量が増していました。ゴールドマイニング・マグネティックドラム 両手に載せた写真これだけ重量があると、やはりパンツやジャケットのポケットに入れるとズッシリとした重さを感じます。
またポケットをぷっくりさせてしまうぐらい厚みもあるので、出来るだけ鞄に入れて持ち運びたいところです。

それでは最後に、このL字型長財布の詳細を表でまとめておきます。ゴールドマイニング・マグネティックドラム TOP写真(2回目)

名称 ゴールドマイニング・マグネティックドラム
サイズ 縦9.8cm×横19.4cm×厚さ2.0cm
(開いた時のマチ幅10cm)
重さ 約260g
機能
  • 札入れ×2
  • マチ付きフリーポケット×1
  • ファスナー付き小銭入れ×1
  • フリーポケット×2
  • カードポケット×12
価格 49,500円(税込)

blank

ココマイスターの関連記事

ココマイスター ブランド全体の評価記事のサムネイル

シリーズ特徴の解説記事一覧

カヴァレオ シリーズ解説 サムネイル

ベテルギウスシリーズ解説記事 サムネイル

衝撃の新作【ベテルギウス】シリーズ。リアルな質感と独自の3段階評価をお伝えします。
~これまでのココマイスターとは一線を画す革財布の仕上がりは?~

ブライドルシリーズ解説 サムネイル

ロンドンブライドルシリーズ解説サムネイル

実物を撮影した超詳細レビュー記事一覧

ポンテマットーネ・グラディウスの詳細レビュー記事 サムネイル

カヴァレオ シンバ 実物レビュー記事のサムネイル

ココマイスター ブライドルダレスバッグのレビュー記事 サムネイル

シリーズ比較記事や特集記事一覧

カヴァレオ・ポンテマットーネ・ベテルギウス 比較記事のサムネイル

その他の記事


コメントを残す