ルイヴィトンのメンズ財布で人気はどれ?「エピ」や「タイガ」など、男性向けのラインとその特徴もサクっと解説。

「LOUIS VUITTON」は、トランク職人であった「ルイ・ヴィトン」によって1854年に創設されたフランスの高級ブランド。
現在では世界的なトップブランドとしての地位を確立しているだけでなく、伝統ある有名メゾンを60以上束ねる「LVMHグループ」の中核ブランドも担っています。
そして日本においては「憧れのハイブランド」として認知されており、知らない人を探す方が難しいほど圧倒的な知名度があります。

そんな抜群のブランド力を誇る「ルイ・ヴィトン」のメンズ財布は、ハイブランドらしいラグジュアリーな雰囲気とアイコニックなデザインが魅力。
もちろん品質も高く、定番のキャンバス素材には高い耐久性と耐水性が備わっています。


ルイ・ヴィトンのメンズラインはどれ?男性が選んでもOKなラインと特徴まとめ。

ここでは「男性向けのラインって、どれかな?」と疑問に思った時に役に立つ、「ルイ・ヴィトン」のメンズラインとその特徴についてまとめてご覧いただけます。(※ユニセックスラインを含む)

なおキャンバス素材は  、レザー素材は  で見出しを色分けしていますので、ぜひ目印にご活用ください。

【補足】キャンバス素材とは?

エジプト綿に塩化ビニールの樹脂コーティングした素材(正式名称:トアル地)。
高級感はもちろん、耐久性と耐水性を兼ね備えた実用性の高さも魅力。

▶モノグラム系

▪モノグラム

創業者「ルイ」氏の息子「ジョルジュ・ヴィトン」氏が模倣品対策として1896年に考案したデザイン。 
現在では世界的にも有名なブランドアイコンとなっており、性別や年代を問わず愛されています。

二つ折り財布 58,300円~69,300円
長財布 77,000円
オーガナイザー 112,200円

▪モノグラム・マカサー

「モノグラム」のキャンバス生地と、上質なブラックレザーのコンビが格好良い男性向けのライン。
2009年から登場し定番化された後は、大人の男性を中心に安定した人気があります。

二つ折り財布 63,800円
ヴェルティカル 97,900円
ジッピーXL 155,100円

▪モノグラム・エクリプス

2016年に考案されたブラック・キャンバスの「モノグラム」ライン。
上品で落ち着いた大人の雰囲気に仕上がっており、見慣れたはずの「モノグラム」なのにどこか新鮮さが感じられます。

ミニ財布 36,300円~67,100円
二つ折り財布 53,900円~69,300円
長財布 77,000円~95,700円
ヴェルティカル 97,900円
ジッピーXL 155,100円

▪モノグラム・シャドウ

上質なカーフをメイン素材に、「モノグラム」のデザインが型押し加工された落ち着きのあるライン。
浮かび上がって見えるロゴが少し可愛らしく見える、ユニセックスなデザインとなっています。

ミニ財布 79,200円
二つ折り財布 83,600円
長財布 104,500円
ヴェルティカル 126,500円

▶ダミエ系

▪ダミエ・エベヌ

単に「ダミエ」と呼ばれることも多い歴史のあるライン。
1888年に模倣品防止のために考案され、現在ではブランドを代表するアイコンとして「モノグラム」と同等の知名度があります。

二つ折り財布 53,900円~58,300円
長財布 77,000円
オーガナイザー 112,200円

▪ダミエ・コバルト

深海をイメージしたブルーカラーが美しい、2014年秋冬コレクションから発売開始されているライン。
男心に火をつける、明るすぎず暗すぎない絶妙な青の色味がなんとも魅力的です。

二つ折り財布 62,700円
長財布 82,500円
ヴェルティカル 105,600円

▪ダミエ・グラフィット

「ダミエ」のメンズラインと言えばコレ!といっても過言ではないほど定番かつ人気のライン。
誰にでも似合うオールマイティなデザインで、若者世代からシニア世代の幅広い男性達に選ばれています。

ミニ財布 27,500円~49,500円
二つ折り財布 53,900円~81,400円
長財布 59,400円~99,000円
ヴェルティカル 97,900円~118,800円
オーガナイザー 112,200円
ジッピーXL 155,100円

▪ダミエ・アンフィニ

レザーの凹凸でブランドアイコンの「ダミエ」が表現された2011年発売のメンズライン。
他の「ダミエ」とは一味違う雰囲気と質感からは、よりラグジュアリーな雰囲気が感じられます。

長財布 105,600円~114,400円
ヴェルティカル 125,400円
ジッピーXL 203,500円


▶シンプルレザー系

▪エピ

「揺れる麦の穂」をイメージした模様が型押し加工が施された、1985年登場のユニセックスライン。
レザー製でありながら耐久性が高く、独特の光沢感が放つエレガントな雰囲気が魅力です。

ミニ財布 38,500円
二つ折り財布 70,400円~79,200円
長財布 86,900円~96,800円
ヴェルティカル 119,900円
オーガナイザー 138,600円

▪タイガ

1993年に初のメンズラインとして登場後、20年以上経った今も変わらぬ人気誇るロングセラーライン。
無数の小さなシワが型押しされたレザーは、上質なハリのある硬さと抜群の耐久性に特長があります。

ミニ財布 40,700円~59,400円
二つ折り財布 64,900円~86,900円
長財布 73,700円~105,600円
ヴェルティカル 119,900円~128,700円
オーガナイザー 138,600円
ジッピーXL 187,000円

▪トリヨン

やわらかくふっくらとした手触りが心地よい、エレガントなライン。
パッとみて「ヴィトンの財布」と分かりにくい控えめなデザインとなっているため、あからさまなブランド感が苦手な方に◎です。

二つ折り財布 104,500円
長財布 128,700円
ヴェルティカル 149,600円~167,200円

▪その他のレザー

オンブレ オーストリッチ クロコダイル

以上が「ルイ・ヴィトン」のおもなメンズラインとなります。
合計で11種類以上もあったので、ほとんどの方がどれを選べばよいのか迷われると思います。
そこで、少しでも効率的に好みに合う財布を見つけやすいように、次は世の中の男性達から人気のあるヴィトンの財布をご紹介します。

メンズから人気のあるヴィトンの財布の中でおすすめは?ランキングTOP5を発表!

「ダミエ、タイガ、エピ…etc.」どれも人気のヴィトンのメンズ財布。
その中でとくにおすすめしたい逸品を、メンズ財布について6年間以上情報を発信し続けているメンサイ編集長Tが厳選し、ランキング形式で発表します。

ついでに「年齢層別おすすめ度」も掲載していますので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

▪ダミエ・グラフィット
  -ジッピーウォレット・ヴェルティカル-

年代を問わず絶大な人気を誇る「ダミエ・グラフィット」のラウンドファスナー長財布。
憧れのデザインと高級感のあるキャンバスが、ブランド所有欲を満たしてくれること間違いナシ。
こちらを選んでおけば「周りからダサい」と思われる心配のない安定感も、第1位におすすめした理由のひとつです。
【年齢層別おすすめ度】
10代 20代 30代
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
40代 50代 60代
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
販売価格 税込97,900円

▪モノグラム・エクリプス
-ジッピーウォレット・ヴェルティカル-

ブラックカラーを基調としたデザインがシックで格好良い、メンズ向けのモノグラム・エクリプス。
使いやすくラグジュアリー感のあるラウンドファスナー長財布は、このラインでも人気の中心。
元祖「モノグラム」ラインよりも大人の雰囲気が感じられる仕上がりとなっているため、30代以上の男性におすすめです。
【年齢層別おすすめ度】
10代 20代 30代
★★★☆☆
★★★☆☆
★★★★★
40代 50代 60代
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
販売価格 税込97,900円

▪タイガ
-ポルトフォイユ・ブラザ-

上質で独特な粒模様が美しい「タイガ」ラインの長財布。
「タイガ・レザー」はシンプルな見た目ですが、見る人が見ればヴィトンの財布とすぐに気がつく有名な素材でもあります。
こちらの長財布ではシルバーカラーの「LV」ロゴが付けられ、ハイブランドらしいエレガントな雰囲気が増しています。
【年齢層別おすすめ度】
10代 20代 30代
★★☆☆☆
★★★☆☆
★★★★☆
40代 50代 60代
★★★★★
★★★★★
★★★★★
販売価格 税込96,800円

▪ダミエ・グラフィット
-コインカード・フォルダー-

キャッシュレス化に対応済みの男性におすすめなコインカード・フォルダー。
カードもお札もコインも、必要最低限のものはすべて収納可能。
メインに使用されている「ダミエ・グラフィット」のキャンバス素材は、小さくてもしっかり「ルイ・ヴィトン」の財布であることを主張してくれます。
【年齢層別おすすめ度】
10代 20代 30代
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
40代 50代 60代
★★★☆☆
★★★☆☆
★★★☆☆
販売価格 税込40,700円

▪モノグラム
-ポルトフォイユ・マルコNM-

「ルイ・ヴィトン」らしさが詰まった小銭入れ付き二つ折り財布。
発売から長い年月がたった超定番の「モノグラム」ラインは、令和の時代も流行や年齢などを気にせずに所有できます。
なお内装の小銭入れの形がリニューアルされ、よりモダンな雰囲気へと進化しています。
【年齢層別おすすめ度】
10代 20代 30代
★★★☆☆
★★★☆☆
★★★☆☆
40代 50代 60代
★★★☆☆
★★★☆☆
★★★☆☆
販売価格 税込69,300円

以上が「ルイ・ヴィトン」のおすすめランキングTOP5となります。
良さそうな財布は見つかりましたか?

「さすがに公式価格は高すぎて手が出せない…」といった方のために、次は「ルイ・ヴィトン」の財布をできるだけ安く購入するワザをお伝えします。

ヴィトンの財布を格安で入手する3つの方法と、メリット・デメリットについて。

・その①:中古品販売業者で買う

メリット しっかり鑑定されているため、安心して本物を入手できる。
デメリット 商品のランク基準が会社によって違うため、思っていたよりもボロボロの可能性がある。
おすすめ度
★★★☆☆

・その②:並行輸入品を狙う

 

メリット 新品本物が公式販売価格よりも安く購入できる。
デメリット 正規品ではないため、修理保証などが受けられない。
おすすめ度
★★★★☆

・その③:フリマアプリを利用する

 

メリット おもわぬ掘り出し物が見つかるかもしれない。
デメリット 出品者によっては、偽物をつかまされる可能性がある。
おすすめ度
★★☆☆☆

以上が「ルイ・ヴィトン」の財布を格安で購入する方法となります。

アウトレットはありますか?

ありません。
LOUIS VUIUTTON公式サイトによると、ヴィトンはアウトレット販売やセール、値引きは一切していないそうです。

ちなみに「Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング」で販売されているヴィトンの財布は、すべて並行輸入品or中古品です。
正規品が購入できるのは、路面店と公式サイトのみとなっています。

LOUIS VUITTON公式HPはこちら

ヴィトン以外のブランドも気になる方にオススメの記事一覧

10代メンズ財布ブランド24選 サムネイル

20代メンズ財布ブランド21選 サムネイル

30代メンズ財布ブランド21選 サムネイル

40代メンズ財布ブランド28選 サムネイル

50代メンズ財布ブランド14選 サムネイル

当記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト様一覧

その他の記事


コメントを残す