【日本製】3万円以上の本格革財布を選ぶなら、一度は見ておきたいブランド12選

  • 新しい財布は、日本製の上質な本格革製品ブランドから選びたい。
  • 高級な革財布がある日本のブランドの中で、おすすめのブランドを見てみたい。
  • 知名度が高くて人気のある国産ブランドの特徴をサクっと比較したい。

といった方のために、この記事では日本の本格革製品ブランドを厳選し、とくにおすすめのブランドを計12種ご紹介いたします。

より効率的に新しい財布が選べるように「知名度が高いブランド」と「知る人ぞ知るブランド」に分けてご紹介していきますので、ぜひ下のボタンもお役立てください。

Q.あなたが知りたいのは…?
知名度が高い
有名人気ブランド
知る人ぞ知る
マイナーブランド

blankblank

【超厳選】3万円以上の日本のメンズ財布ブランド6選 有名ブランド編

  • 知名度が高めのブランド
  • 安心・安全のメイドインジャパン
  • 3万円以上の高級革財布がある

上の3つの条件を満たす日本のブランドを厳選し、とくにおすすめのブランドを合計6種ご紹介いたします。
各ブランドごとに特徴がさくっと分かる簡単解説も載せていますので、そちらも参考にしながらあなたの好みに合いそうなブランドを探してみてください。

▪COCOMEISTER -ココマイスター-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)
20代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
30代 ★★★★★★★★★★(10/10)
40代 ★★★★★★★★★★(10/10)
50代 ★★★★★★★★★☆(9/10)
60代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
▸ココマイスターのおもな特徴
  • 日本らしさを大切にしながらも欧州らしさも取り入れたモダンな革製品が得意。
  • 幅広い価格帯で多彩なシリーズを展開しているため、好みの財布が見つかりやすい
  • ほかのブランドでは取り扱っていない希少なレザーを使った革製品が手に入る。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 10,000円~50,000円
二つ折り財布 25,000円~78,000円
長財布 24,000円~95,000円
ラウンドファスナー 27,000円~120,000円

ココマイスターの深掘り記事を読む⇒

ココマイスター】は、古き良き日本文化を継承した“極上の革製品”を武器に、一流のビジネスパーソンや富裕層を中心に人気を集める日本製ハイエンド革製品ブランドです。
「欧州産最高級皮革×日本の熟練職人」を組み合わせた本格革製品を大ヒットさせ、現在ではMADE IN JAPANを代表するブランドとなっています。

blank

▪GANZO -ガンゾ-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
30代 ★★★★★★★★★☆(9/10)
40代 ★★★★★★★★★★(10/10)
50代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
60代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
▸ガンゾのおもな特徴
  • 日本伝統の技法を駆使した純和風な雰囲気が感じられる革財布を得意としている。
  • 紳士物革財布の王道の「シンプルで直線的なフォルム」の革財布が多い。
  • 細部にまでこだわって仕立てられており、製品の品質の高さには定評がある
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 12,100円~29,700円
二つ折り財布 33,000円~74,800円
長財布 36,300円~102,300円
ラウンドファスナー 38,500円~187,000円

ガンゾの詳細記事を読む⇒

ガンゾ】は、日本の老舗皮革袋物専門メーカーである「AJIOKA」が2001年から始めた革製品ブランドです。
1917年からレザー製品業界で勝負してきた歴史と実績、そして受け継がれてきた技術力を強みにハイレベルな革製品を製造しています。

▪土屋鞄製造所 -ツチヤカバン-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)
30代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
40代 ★★★★★★★★★☆(9/10)
50代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
60代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
▸土屋鞄のおもな特徴
  • 革の素材感を活かした、優しい雰囲気のあるシンプルな革財布を得意としている。
  • 日本の革製品ブランドの中でも直営店の数がトップクラスに多く、知名度も高い
  • ユニセックスな製品を多数販売しており、大人の女性からも人気がある
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 7,150円~24,200円
二つ折り財布 26,400円~51,700円
長財布 27,500円~67,650円
ラウンドファスナー 26,400円~40,700円

土屋鞄の詳細記事を読む⇒

土屋鞄製造所】は、1965年にランドセルづくりから始まった日本の革小物ブランドです。
男性からも女性からも人気があるため、カップルやご家族でお揃いのブランドを持って楽しみたい時におすすめできます。

▪PORTER -ポーター-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
20代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
30代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
40代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
50代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
60代 ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)
▸ポーターのおもな特徴
  • ブランド知名度が高く、幅広い年齢層から支持されている超定番ブランド
  • どれを選んでも失敗がない「普遍的なデザイン+安定した品質」が強み。
  • 日本全国で取り扱われているため、実物を確認してから購入したい方に◎。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 4,400円~31,900円
二つ折り財布 6,050円~53,900円
長財布 7,260円~60,500円
ラウンドファスナー 11,000円~73,700円

ポーターの解説記事を読む⇒

ポーター】は1935年創業の株式会社吉田が、1962年に発表した自社ブランド。
3万円以上の高価格帯のアイテム数は少なめですが、より知名度を重視して選ぶなら第一候補に入れておきたい超有名ブランドです。

▪WILDSWANS -ワイルドスワンズ-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)
30代 ★★★★★★★★★☆(9/10)
40代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
50代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
60代 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)
▸ワイルドスワンズのおもな特徴
  • 肉厚のレザーを使用した革製品を得意としており、おもにカジュアル使いに◎。
  • 耐久性へのこだわりが強く、製品の丈夫さは愛用者さん達によって証明されている。
  • 「コバ」と呼ばれる財布の端部分の処理の上手さは、マニア達も納得するレベル。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 25,300円~40,700円
二つ折り財布 23,650円~60,500円
三つ折り財布 40,700円~78,100円
長財布 55,000円~98,560円

ワイルドスワンズの解説記事を読む⇒

ワイルドスワンズ】は、10年20年使い続けられる革製品を目指して誕生したブランドです。
1998年に鴻野(コウノ)三兄弟によって設立され、現在ではよく品切れを起こすほど人気となっています。

▪CYPRIS -キプリス-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)
20代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
30代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
40代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
50代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
60代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
▸キプリスのおもな特徴
  • 持つ人を選ばない定番のデザインが主流で、どこで使っても恥ずかしくない。
  • 「百貨店バイヤーズ賞」を16年連続受賞している安心の実力派のブランド。
  • カードが最大21枚収納できる「ハニーセル構造」の革財布が大ヒットしている。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 14,300円~31,900円
二つ折り財布 14,300円~50,600円
長財布 16,500円~69,300円
ラウンドファスナー 27,500円~73,700円

キプリスの解説記事を読む⇒

キプリス】は、1995年に設立された紳士物革財布の定番ブランドです。
おもに全国の有名百貨店にて取り扱われており、優れたコストパフォーマンスを誇るブランドとしても認知されています。

blank

・日本の有名革製品ブランドまとめ

ココマイスター ガンゾ 土屋鞄製造所
ココマイスターの解説記事へ ガンゾの解説記事へ 土屋鞄の解説記事へ
ポーター ワイルドスワンズ キプリス
ポーターの解説記事へ ワイルドスワンズの解説記事へ

(↑画像をタップでブランド詳細記事へ)

以上の6ブランドが、国内で有名な日本の革製品ブランドとなります。
もしどのブランドにするか迷った時は、いまもっとも勢いのある「ココマイスター」から検討してみてはいかがでしょうか?選べる財布の種類がもっとも多いので、あなたの好みに合う本格革財布が見つかるはずです。

blank

【超厳選】3万円以上の日本のメンズ財布ブランド6選 マイナーブランド編

  • 知る人ぞ知るマニアックなブランド
  • 安心・安全のメイドインジャパン
  • 3万円以上の高級革財布がある

次はこの3つの条件を満たす日本のブランドを厳選し、6つに絞ってご紹介いたします。
各ブランドごとに特徴がさくっと分かる簡単解説も載せていますので、そちらも参考にしながら好みに合うブランドを探してみてください。

▪crafsto -クラフスト-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)
30代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
40代 ★★★★★★★★★☆(9/10)
50代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
60代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
▸クラフストのおもな特徴
  • 永久無償修理保証が付いてくるので、一度購入すれば何年も同じ財布が愛用できる。
  • 元修理職人の経歴を持つ職人が、壊れにくく修理しやすい革製品をつくっている。
  • こだわる男達から人気のある「高級皮革を使った本格革財布」が手に入る。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 16,940円~39,600円
二つ折り財布 23,100円~37,950円
長財布 36,300円~71,500円
ラウンドファスナー 38,940円~75,240円

クラフストの解説記事を読む⇒

クラフスト】は2020年に誕生した、ものづくりが盛んな東京の「蔵前」という地域に店舗を構える注目の若手ブランドです。
「ブライドルレザー」や「シェルコードバン」など、高級志向の男性達から人気のあるレザーを使用した革小物をメインに展開しており、壊れた時は無料で修理を請け負う保証制度をウリにしています。

blank

▪moto -モト-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)
20代 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)
30代 ★★★★★★★★★★(10/10)
40代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
50代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
60代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
▸モトのおもな特徴
  • 製品の多くは手縫いで仕立てられており、ハンドメイドのぬくもりが感じられる
  • ステッチ(縫い目)が太めなこともあり、全体的にカジュアルな雰囲気の財布が多い。
  • ミドルウォレットなど、独特のデザインの財布がお洒落で使いやすい。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 14,850円~19,800円
二つ折り財布 24,200円~61,600円
三つ折り財布 28,600円~83,600円
長財布 37,400円~104,500円
ラウンドファスナー 19,800円~104,500円

モトの解説記事を読む⇒

モト】はレザーアーティストの第一人者でもある「本池秀夫」氏が1971年に設立し、同氏の息子たちが引き継いだ日本の革製品ブランドです。
レザークラフトっぽい手づくり感のある革小物で人気を獲得し、いまでは性別を問わず愛用される「知る人ぞ知る人気ブランド」となっています。

blank

▪東京クロコダイル 

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
30代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
40代 ★★★★★★★★★☆(9/10)
50代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
60代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
▸東京クロコダイルのおもな特徴
  • 製造直販で製品とは無関係のコストがカットされているため、非常にコスパが高い
  • 継ぎ目のない一枚取りのクロコダイルを使用した革財布が相場より安価で手に入る。
  • 7日間完全返金交換保証があるので、ノーリスクで実物を手に取って確かめられる。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 26400円~33,000円
二つ折り財布 27,500円~63,800円
長財布 31,900円~154,000円
ラウンドファスナー 22,000円~176,000円

公式サイトで財布一覧を見る⇒

東京クロコダイル】は、半世紀以上に渡ってエキゾチックレザーを使用した製品を製造していた会社が2010年から開始した自社ブランドです。
長年に渡ってこの業界に携わってきたノウハウを活かし、他社では実現できない安価で高品質なクロコ製品を提供しています。

blank

▪FUJITAKA -フジタカ-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)
30代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
40代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
50代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
60代 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
▸フジタカのおもな特徴
  • 長い歴史と確かな技術力のある老舗ブランドがつくっているので安心して購入可能。
  • それぞれ異なる意味を持つカラフルなかがりステッチがお洒落のアクセントに◎。
  • 「使いやすさ」に配慮された独特の内装構造を持つ革財布が多く展開されている。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 19,800円~30,800円
二つ折り財布 19,800円~55,000円
長財布 30,800円~91,300円
ラウンドファスナー 39,600円~96,800円

楽天市場店で財布一覧を見る⇒

フジタカ】は1941年に創業した株式会社イケテイが、創業と同時に設立したプライベートブランドです。
日本を象徴する「富士山」と「鷹」から名を借りて命名され、その名に恥じぬよう自社工場にて国産にこだわったハイクオリティな革製品を生みだしています。

▪yuhaku -ユハク-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)
30代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
40代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
50代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
60代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
▸ユハクのおもな特徴
  • 手染めによって染め上げられた美しいグラデーションカラーの革製品に特色がある。
  • 素材にもデザインにもこだわったワンランク上の高級革財布が手に入る。
  • ほとんどのパーツが革で作られているため、一般的な革財布よりも使用感が上質
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 29,700円~66,000円
二つ折り財布 34,100円~78,100円
長財布 38,500円~91,300円
ラウンドファスナー 41,800円~96,800円

ユハクの詳細記事を読む⇒

ユハク】は2009年の設立後、絵画のような美しい染色技術を武器に着実にファンを増している革小物ブランドです。
比較的新しいブランドながら「大丸」や「伊勢丹」といった一流百貨店にて取り扱われており、その実力はバイヤーからも高く評価されています。

▪Crevaleathco -クレバレスコ-

▸年齢層別おすすめ指数
10代 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)
20代 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)
30代 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
40代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
50代 ★★★★★★★★☆☆(8/10)
60代 ★★★★★★★☆☆☆(7/10)
▸クレバレスコのおもな特徴
  • すべての製品がオールハンドステッチ仕立てとなっており、耐久性が高い。
  • 注文時に革の色などがカスタマイズできるため、オーダーメイド気分が味わえる
  • 一人の職人によって仕立てられているので、製品の品質が安定している。
▪財布の価格帯(※税込)
ミニ財布 30,800円~44,000円
二つ折り財布 67,100円
長財布 69,850円~76,450円
ラウンドファスナー 56,100円~102,300円

正規品取扱店で財布一覧を見る⇒

クレバレスコ】は、2017年に「西森裕矢」氏によって設立された総手縫いにこだわるレザーブランドです。
まだまだ知名度は低いですが、細部までこだわり尽くした製品が購入者さん達を中心に高く評価されています。

blank

・日本のマイナー革製品ブランドまとめ

クラフスト モト 東京クロコダイル
フジタカ ユハク クレバレスコ
ユハクの解説記事へ

以上の6ブランドが、3万円以上の高級革財布を取り扱う「知る人ぞ知るブランド」のおすすめとなります。

もしどのブランドにするか迷った時は、下の写真の最新ブランド「クラフスト」から検討してみてはいかがでしょうか?無料で修理しながら長期間愛用できるのでコスパが高く、実物の品質も良いのでオススメですよ。

blank

Q.もっとマニアックなブランドを探すなら?

まだまだ出会ったことのない日本の本格革製品ブランドが見てみたい方は、ぜひ一度「メンズレザーストア」をご覧ください。
当記事でご紹介できなかったマニアックなブランドが、たくさん取り揃えられています。

blank

この記事を書いた人

↓注目の本格革製品ブランド

blank

【COCOMEISTER:ココマイスター】

古き良き日本文化を継承した「極上の革製品」で人気を集める日本のハイエンドブランド。
2011年の設立後、理想とされる「欧州産最高級皮革」と「日本の熟練職人」を組み合わた本格的な革製品を大ヒットさせ、わずか数年で日本の革小物業界のトップに登り詰めた注目の実力派です。
販売価格が3万円を超える上質な高級財布を探しているなら、いまや無視することのできない存在となっています。

年齢層別おすすめブランド特集

10代メンズ財布ブランド24選 20代メンズ財布ブランド21選 30代メンズ財布ブランド25選
40代メンズ財布ブランド28選 サムネイル 50代・60代メンズ財布ブランド14選

コメントは受け付けていません。