メンズ長財布ブランド厳選15選!人気かつ有名どころを中心に「売れ筋の長財布」も合わせてご紹介します。

「いま人気のあるブランドと、そこで売れてる長財布をまとめて見たい」

「次の財布は長財布と決めているだけで、どのブランドにするかはまだ未定」

といった方のために、この記事ではおすすめ厳選ブランドと、そのブランドで売れてる長財布をまるっとまとめてご紹介していきます。

なおこれからご紹介するのは、〇〇選系のサイトでよくあるようなテキトーに選んだブランドではありません。
どれもメンズ財布を専門とする当サイトが人気かつ有名なブランドを中心に厳選した鉄板ブランドとなります。
もちろんどれを選んでも失敗がないように選んでおりますので、ぜひ安心して気に入ったブランドからご検討ください。

それではさっそく、下の青ボタンの中からあなたの興味のあるジャンルをお選びください。
もしまだ何も決まっていらっしゃらない場合は、上から順番にどうぞ。


Q.あなたが気になる長財布は?

おすすめ

本格革財布ブランド
[30,000円~50,000円]

薄い財布ブランド
[30,000円~50,000円]

良コスパブランド
[20,000円~30,000円]
おしゃれなブランド
[20,000円~30,000円]
海外ハイブランド
[70,000円~100,000円]

(※[]の価格は、そのジャンルのおもな価格帯です。)



本格革財布ブランド [30,000円~50,000円]

 

≫日本を代表する大人気の本格革製品ブランド

▪COCOMEISTER -ココマイスター-







 ココマイスターのおすすめポイント
  • 上品かつ上質な本格革財布が手に入る。
  • いつものスーツスタイルを格上げできる。
  • 予算と好みに合わせて財布が選べる。
価格帯 24,000円~95,000円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★★  10/10

【ココマイスター】は、一流のビジネスパーソンや本物志向の男性を中心に人気となっている「日本製ハイエンド革製品ブランド」です。
2011年の設立後、熟練職人が希少な天然皮革を使用して仕立てる本格派の革製品を大ヒットさせ、現在では東京銀座や神戸旧居留地などラグジュアリーブランドが密集する地域に路面店を構えるほどまでに成長しています。

↓このブランドで売れてる長財布

[ブライドル・インペリアルウォレット]
【販売価格】
税込31,500円
硬くて耐久性の高い「ブライドルレザー」が外装に使用された定番のロングセラーの長財布。
外装に上位シリーズと同じ素材を使用しながらも価格は抑えめに設定されていることもあり、非常にコストパフォーマンスに優れた逸品となっています。
ちなみに約2,000件のレビュー評価では、5段階中4.75の高評価を獲得しています。

blank

≫ブライドルレザーの本場、英国の老舗ブランド

▪Whitehouse Cox -ホワイトハウスコックス-

 このブランドのおすすめポイント
  • ほどよく肩の力抜けた雰囲気が好印象。
  • 耐久性が高いため、長期間愛用できる。
  • 革製品ブランドの中では知名度が高め。
価格帯 46,200円~82,500円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★☆  9/10

【ホワイトハウスコックス】は、英国の自社工場にて本格的な革製品をハンドメイドで製造するレザーグッズブランドです。
創業は1875年とその歴史は古く、日本においては「あこがれの本格革財布ブランド」として知られており、モノ雑誌やファッション雑誌にてよく特集が組まれています。

↓このブランドで売れてる長財布

[スーツウォレット 長財布 S9697L]
【販売価格】
税込46,200円
外装・内装ともに最高グレードの「ブライドルレザー」が使用された長財布。
内側にも「ブライドルレザー」が使用されることで統一感が出ており、開けても閉めても「上質でしっかりとした革」が感じられるようになっています。
もちろん本格的な革製品の醍醐味でもある経年変化もちゃんと楽しめます。

≫日本の老舗革小物ブランドの最高級ライン

▪GANZO -ガンゾ-

 ガンゾのおすすめポイント
  • フォーマル感が強めで硬派な仕上がり。
  • 細部まで丁寧に仕立てられている。
  • コバ(※端部分)の処理が美しい。
価格帯 36,300円~102,300円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★☆  9/10

【ガンゾ】は、1917年創業の皮革袋物専門メーカーのAJIOKAが、2001年に開始したプライベートブランドです。
公式サイトにて最高級ラインと宣言している通りどの製品も品質が高く、どこに出しても恥ずかしくない一級品となっています。

↓このブランドで売れてる長財布

[コードバン ファスナー長財布]
【販売価格】
税込51,700円
綺麗で透明感のある「コードバン」が外装に使用された人気の長財布。
「切り目本磨き」と呼ばれる日本の伝統技法で処理されたコバ(端部分)が非常に美しく、紳士物革財布らしいシャープな印象に仕上げられています。

↓もっと本格革財布が見たい方はこちら

予算3万円以上 日本のブランドまとめ サムネイル

薄い財布ブランド [30,000円~50,000円]

 

≫英国王室御用達として名高いブランド

▪ETTINGER -エッティンガー-






 エッティンガーのおすすめポイント
  • ツートンカラーがお洒落でハイセンス。
  • スタイリッシュなフォルムで格好良い。
  • 上品かつドレッシーな雰囲気もgood。
価格帯 45,100円~78,100円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★★  10/10

【エッティンガー】は、ロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授かっていることで知られる、1934年に創業されたイギリスの高級レザーグッズブランドです。
こちらのブランドの革財布は、どれも美しく品のある仕上がりとなっているため、持っていてセンスが悪いと思われる心配がありません。

 

↓このブランドで売れてる長財布

[【ST】 LONG WALLET WITH ZIP]
【販売価格】
税込49,500円
全4色あるスターリングシリーズの中でも特別な、英国王室のイメージカラーである「ロイヤルパープル」が内装にあしらわれた長財布。
上質で柔らかい「カーフレザー」が両面に使用されており、全体的に大人っぽい雰囲気に仕上がっています
厚みは1.5cmと薄型なので、もちろんスーツの内ポケットに入れても邪魔になりません。

≫薄型長財布の有名ブランドがリニューアル

▪FARO -ファーロ-

 ファーロ(新)のおすすめポイント
  • 防水加工が施された独自レザーを使用。
  • モダンな雰囲気のある財布が手に入る。
  • 新旧お好きな方の財布が選択可能。
価格帯 35,200円~198,000円
おすすめ
指数
★★★★★★☆☆☆☆  6/10

【ファーロ】は、「ベタ貼り」と呼ばれる技法を用いて製作された“極薄革財布”で有名となった、1965年設立の日本の革製品ブランドです。
時代の変化に合わせ、2020年からは「ライフスタイルブランド」として生まれ変わり、旧ファーロは「FARO CLASSIC」として、新ファーロは「FARO」として展開されています。

↓このブランドで売れてる長財布

[ブライドル 長財布(小銭入付)]
【販売価格】
税込44,000円
薄さを維持するために、あえて小銭入れが排除された新FAROの長財布。
旧FAROは全体的に硬派な印象でしたが、こちらの新FAROの長財布は少し丸みを帯びたフォルムとなっており、これまでに比べてモダンな雰囲気に仕上がっています。
ちなみに内装のデザインも大きく変更されており、お洒落さが増しています。

≫薄型財布を得意とする日本の老舗革工房

▪博庵 -ヒロアン-

 博庵のおすすめポイント
  • 薄型長財布のラインナップが他より豊富。
  • ビジネスシーンに似合う硬派なフォルム。
  • 優れた技術力があるため仕立てが綺麗。
価格帯 26,400円~60,500円
おすすめ
指数
★★★★★★★★☆☆  8/10

【博庵】は、1906年創業の小さな革工房の3代目が2000年に設立した、知る人ぞ知る日本の革製品ブランドです。
こちらのブランドは「ベタ貼り・磨き・ヘリの後切り」の3つの技術を駆使して製作する、薄型で引き締まった印象のある精巧な革財布を得意としてます。

↓このメーカーで売れてる長財布

[アルピナ ファスナー付束入]
【販売価格】
税込35,200円
極薄なのに、ほどよいコシと耐久性がある長財布。
「薄さと耐久性」という相反する2つの要素を実現しているのが、こちらのブランドの十八番でもある「ベタ貼り」と呼ばれる技法です。
この技法は薄く削いだ2枚の革をピッタリ貼り付けて、1枚革のように加工する技法で、革の繊維の方向が格子状になるようにすることで耐久性が向上させられています。


良コスパブランド [20,000円~30,000円]

 

≫スーツ用の財布で失敗したくない時に◎

▪CYPRIS -キプリス-







 キプリスのおすすめポイント
  • どのシリーズの財布もコスパが優秀。
  • 縫製技術が高く、品質も安定している。
  • 日本人好みのデザインのため失敗がない。
価格帯 16,500円~69,300円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★★  10/10

【キプリス】は、1995年に設立された「株式会社モルフォ」が手掛ける日本の革製品ブランドです。
こちらのブランドの自社工場には、JLIA(日本皮革産業連合会)が主催する革小物の技術認定試験一級に合格した職人が数名在籍しており、彼らの指導の下、日々質の高い製品が生み出されています。

↓このブランドで売れてる長財布

[長財布 シラサギレザー ]
【販売価格】
税込19,800円
数あるキプリスのシリーズの中で、もっとも売れてるシリーズの長財布。
人気の秘密は、シンプルで嫌味のない無難なデザインで、値段の割に質感が良いため。
外装には、ほどよく硬い「シラサギレザー」が使用されており、うっすらと付けられた色ムラがなんとも言えない良い味を出しています。

blank

≫日本を代表するカバンメーカーのひとつ

▪PORTER -ポーター-

 ポーターのおすすめポイント
  • 知名度が高く、性別を問わず人気がある。
  • 年齢関係なく愛用できるスタンダードさ。
  • 革からナイロンまで、選べる素材が豊富。
価格帯 7,260円~30,250円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★☆  9/10

【ポーター】は、1935年創業の株式会社吉田が1962年に発表した“日本製にこだわる”オリジナルブランドです。
現在では財布やバッグ類の定番ブランドとしての地位を確立しており、大手ショッピングモールや有名百貨店など、全国各地で取り扱われています。

↓このブランドで売れてる長財布

[ポーター カレント 長財布]
【販売価格】
税込21,450円
細かい波のような模様が特徴的なロングヒットの長財布。
メイン素材には、型押し加工が施されたレザーが使用されており、全体的に上品な印象に仕上げられています。
ちなみにこの長財布はキズや汚れが付きにくいので、普段からあまり気を使わずに使用できます。

≫職人気質の強い革製品メーカー

▪万双 -マンソウ-

 万双のおすすめポイント
  • 本格的な革財布が適正価格で入手可能。
  • ビジネス向きの硬派なデザインが魅力。
  • 縫製やコバ処理など、つくりが丁寧。
価格帯 26,400円~35,750円
おすすめ
指数
★★★★★★★★☆☆  8/10

【万双】は、1995年に設立された卸売り販売を一切行わないことでも知られる日本の革製品メーカーです。
こちらのメーカーがつくる製品はすべてブランドロゴが無く、どれも比較的リーズナブルな価格設定となっている点に特色があります。

↓このメーカーで売れてる長財布

[ブライドル 長財布(小銭入付)]
【販売価格】
税込29,700円
外装に「ブライドルレザー」が、内装に「ヌメ革」が使用されたオールレザー製の長財布。
このブランドらしい太めのステッチと、丁寧に処理されたコバがイイ感じです。
ちなみにパッと見て「落ち着いた大人のための革財布」といった印象を受ける仕上がりとなっているので、「30代後半~」ぐらいの男性におすすめです。

おしゃれなブランド [20,000円~30,000円]

 

≫おしゃれな男女に大人気のレザーブランド

▪IL BISONTE -イルビゾンテ-







 イルビゾンテのおすすめポイント
  • 柔らかい雰囲気と革の自然な素材感が◎。
  • 革の経年変化がたっぷり楽しめる。
  • 持っているとおしゃれに見える。
価格帯 13,200円~60,500円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★★  10/10

【イルビゾンテ】は、ナチュラルな革の風合いを活かしたレザー製品を得意とするイタリアのブランドです。
1970年に創立された時は小さな工房でしたが、いまや世界中で愛されるレザーブランドにまで成長しており、日本ではおもにお洒落な方々から愛されています。

↓このブランドで売れてる長財布

[ロングウォレット 5472301340]
【販売価格】
税込27,500円
イルビゾンテらしいカジュアルな雰囲気が魅力的なロングセラーの長財布。
随所で革の素材感が感じられるように仕立てられているので、手にすれば自然由来のぬくもりが伝わってきます
デザイン面では、外側にあしらわれた小銭入れがお洒落に見える点が◎。


≫みんなが知ってる定番の英国ブランド

▪Paul Smith -ポール・スミス-

 ポール・スミスのおすすめポイント
  • 海外ハイブランド並の知名度がある。
  • 財布の種類が多く、デザイン性も高い。
  • マルチストライプがお洒落に見える。
価格帯 19,800円~44,000円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★☆  9/10

【ポール・スミス】は、「ポール・スミス」氏によって1970年に設立された、イギリスを代表するファッションブランドのひとつです。
こちらのブランドの財布はブランドアイコンである「マルチストライプ」がどの製品にもデザインされており、時には大胆に、時には密かに、「ポール・スミス」製であることを主張してくれます。

↓このブランドで売れてる長財布

[シティエンボス 長財布]
【販売価格】
税込19,800円
シンプルで持つ人を選ばないスタンダードな長財布。
開くとチラっと見える「マルチストライプ」が遊び心を感じさせてくれるだけでなく、ブランド所有欲も満たしてくれます。
また同ブランドの中でもリーズナブルで購入しやすい価格となっている点も、特筆すべきポイントです。

≫ビジネスパーソンから人気のイタリアブランド

▪Orobianco -オロビアンコ-

 オロビアンコのおすすめポイント
  • 高過ぎず安過ぎない価格で入手しやすい。
  • 人気のナイロンバッグと合わせて持てる。
  • 遊び心のある裏地が隠れたお洒落を演出。
価格帯 18,700円~28,600円
おすすめ
指数
★★★★★★★★☆☆  8/10

【オロビアンコ】は、1996年に「ジャコモ・ヴァレンティーニ 」氏によって設立されたイタリアのファクトリーブランドです。
元々はバッグから始まったブランドですが、現在では時計やマスクなども展開する総合ライフスタイルブランドにまで成長しています。

↓このブランドで売れてる長財布

[ファスナー付き長財布(ORS-012608)]
【販売価格】
税込28,600円
ハケを使ってラインが描かれたレザーが使用されている、めずらしいデザインの長財布。
シンプルな外見に対し、裏地には「オロビアンコ」のロゴ入りの派手なナイロン素材が使用されているため、中身を取り出すたびに細部へのこだわりが感じとれます。

blank

海外ハイブランド [70,000円~100,000円]

 

≫世界トップクラスのブランド力を誇るメゾン

▪LOUIS VUITTON -ルイ・ヴィトン-







 ルイ・ヴィトンのおすすめポイント
  • どれも品質が高く、高級感が感じられる。
  • 持っていてダサいと思われる心配がない。
  • リセールバリューが高い。(高く売れる)
価格帯 73,700円~122,100円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★★  10/10

【ルイ・ヴィトン】は、1854年に耐久性の高いトランクづくりから始まったフランスのラグジュアリーブランドです。
現在では世界有数のメゾンを束ねる巨大組織「LVMHグループ」の中核ブランドを担っており、数あるラグジュアリーブランドの中でもトップクラスの知名度と売上高を誇っています。

↓このブランドで売れてる長財布

[ポルトフォイユ・ブラザ]
【販売価格】
税込77,000円
2016年に新たに考案された素材「モノグラム・エクリプス」で仕立てられた長財布。
全体的にシックな雰囲気に仕上げられながらも、パっと見て「ヴィトンの財布」と分かるアイコニックなデザインとなっている点がポイントです。
ちなみに「モノグラム・エクリプス」は定番のキャンバス地を素材としているため、耐久性はいつも通り高いままです。


≫「#newbottega」にミレニアル世代が大注目

▪BOTTEGA VENETA -ボッテガ・ヴェネタ-

 ボッテガ・のおすすめポイント
  • 革質も品質もハイレベルとなっている。
  • 新しくなった編み込み模様がお洒落。
  • ロゴを前面に押し出さないデザイン。
価格帯 79,200円~101,200円
おすすめ
指数
★★★★★★★★★☆  9/10

【ボッテガ・ヴェネタ】は、短冊状の革を編み込む技法「イントレチャート」を開発して世界に広めた、1966年創業のイタリアのラグジュアリーブランドです。
2019年にデザイナーが変わったことにより、ブランドを象徴する編み込み模様の新解釈が行なわれ、全体的に太く、そしてフレッシュになっています。

↓このブランドで売れてる長財布

[コンチネンタルウォレット]
【販売価格】
税込101,200円
ボッテガ・ヴェネタが誇る熟練職人が、柔らかくて上質な「カーフレザー」を丁寧に編み込んで仕立てた長財布。
見ても触っても高級感が感じられるようになっており、所有すれば満足感が得られる逸品となっています。
一般的なものよりも大きい「小銭入れの引き手」も、抜群の存在感があってgood。

≫高品質なナイロン素材でも有名なハイブランド

▪PRADA -プラダ-

 プラダのおすすめポイント
  • サフィアーノレザーが上品で美しい。
  • シンプルなのにラグジュアリー感がある。
  • メタルロゴのさりげない主張が◎。
価格帯 68,200円~73,700円
おすすめ
指数
★★★★★★★★☆☆  8/10

【プラダ】は、「マリオ・プラダ」とその兄弟によって1913年に創立されたイタリアを代表するラグジュアリーブランドです。
こちらのメンズ財布では「サフィアーノレザー」と呼ばれる硬く耐久性の高い型押しレザーがメインに使用されており、落ち着いた大人のエレガントな雰囲気があるのが特徴です。

↓このブランドで売れてる長財布

[サフィアーノレザー財布]
【販売価格】
税込75,900円
プラダお得意の牛革素材「サフィアーノレザー」で仕立てられた長財布。
端にあしらわれた良いアクセントにもなっている精巧なメタルロゴは、オーナーに「高級ブランドの逸品を持っている」という実感を与えてくれます

↓ほかのハイブランドも気になる方はこちら

この記事を書いた人

↓注目の本格革製品ブランド

blank

【COCOMEISTER:ココマイスター】

古き良き日本文化を継承した「極上の革製品」で人気を集める日本のハイエンドブランド。
2011年の設立後、理想とされる「欧州産最高級皮革」と「日本の熟練職人」を組み合わた本格的な革製品を大ヒットさせ、わずか数年で日本の革小物業界のトップに登り詰めた注目の実力派です。
販売価格が3万円を超える上質な高級財布を探しているなら、いまや無視することのできない存在となっています。

年齢層別おすすめブランド特集

10代メンズ財布ブランド24選 20代メンズ財布ブランド21選 30代メンズ財布ブランド25選
40代メンズ財布ブランド28選 サムネイル 50代・60代メンズ財布ブランド14選

コメントを残す